労務トラブル対応

労務トラブル対応

【能力不足の契約社員】契約を更新しないと重大なトラブルに?

能力不足の契約社員にお困りですか?契約社員の労働契約を更新しないとき絶対に注意したいポイントを、労務相談に強い広島の社労士がわかりやすく解説!
労務トラブル対応

能力不足のパート、雇用契約を更新しないのはNG?!

能力不足のパート社員の雇用契約を更新しなくても問題ないか?!基本的に有期の雇用契約が満了すれば、そこで雇用は終了します。ところが、トラブルに発展するケースもあるので注意が必要です!
労務トラブル対応

試用期間の延長、労務トラブルを防ぐための3つのポイント

試用期間中に本採用するか否かの判断がつかないことがあります。ですが試用期間の延長は簡単にできるものではなく、対応を誤ると労務トラブルにつながります。本記事で、試用期間延長に伴う労務トラブル予防のポイントを押さえましょう!
労務トラブル対応

試用期間中のパート解雇、経営者・人事部が知っておくべきこと

試用期間中のパートの解雇、実は思った程簡単なことではありません!そもそもパートに試用期間は必要か?!解雇のハードルは?といった観点から、経営者や人事労務担当者が押さえておくべきポイントをまとめています。
労務トラブル対応

【社員10人未満】就業規則がなくても年次有給休暇付与は必要!

社員数10人未満の会社では、就業規則の作成は義務ではありません。就業規則がない会社では、年次有給休暇について曖昧な運用をしていたり、誤解等で知らないうちに法違反になっているところもあります。
労務トラブル対応

【行方不明】音信不通で無断欠勤を続ける社員、即退職はNG?!

社員が突然行方不明になり、連絡が取れなくなることは実は珍しいことではありません。行方不明になった社員の対応は、ある予防策によって格段に楽になります。その予防策とは…?
労務トラブル対応

古いままの就業規則、変更しないと生じるデメリットとは?

中小企業では、就業規則を古いまま変更していないことがよくありますが、労務リスク対策の面ではデメリットがあります。本記事にまとめた就業規則変更のポイントを参考に、速やかに変更に着手しましょう!
労務トラブル対応

能力不足の社員、試用期間中ならすぐ解雇できると思っていませんか?

試用期間中なら自由に解雇できるとお考えの経営者・人事労務担当者の皆様。その認識は非常に労務リスクが高いです!やむを得ず解雇を検討する時、押さえておきたいポイントとは?!
労務トラブル対応

【社長必見】「管理職だから残業代なし」が間違っている理由とは?

「課長は管理職だから、残業代は払ってないよ!」この認識は労務リスクの元です!!管理職=残業代は要らないと一概に考えてはいけません。この記事では、管理職に残業代を支払わないことによる労務リスクと、その対策について説明しています。
労務トラブル対応

タイムカードと実出退勤時間の乖離、深刻なリスクにつながることも

タイムカード、勤怠管理システムの勤怠記録と実際の出退勤時刻に乖離があると、深刻なリスクにつながることも。リスクの内容と対策をベテラン社労士が完全解説!