便利でセキュリティも優秀なビジネスチャットを利用しよう!

経営基盤強化

労務リスク専門社労士の大冨です。
私どもでは、お客様とのコミュニケーションにビジネスチャットを利用しています。

「ん?ビジネスチャット?メールじゃないの?!」

と思われたあなたに、ビジネスチャットとメールそれぞれの特徴と、私どもがビジネスチャットを使うこだわりポイントをご紹介したいと思います。

ビジネスチャットとメールの特徴

ビジネスチャットとメールのそれぞれの特徴(メリット/デメリット)を、手っ取り早く表にまとめてみます。

ツールメリットデメリット
ビジネスチャット・短文/気軽/話し言葉
・テンポ良いコミュニケーション
・ファイル共有が楽
・誤送信を取り消せる
・情報共有メンバーを管理できる
・色んなツールがあり、互換性がない
・コストがかかる
メール・長文を送れる
・チャットより格式がある
・アドレスが分かれば送れる
・共有相手は自分で選べる
・コストが安い
・チャットに比べてテンポが遅い
・誤送信が取り消せない
・情報共有には弱い面がある
・ファイル送信に不安がある

ビジネスチャットを使う理由

私どもは、ビジネスチャットのメリットに着目しました。
中でも、スリーエスプラスのポリシーである「speed」「security」が体現できること!

ビジネスチャットが「speed」を実現!

誰でも知っているチャットとして、LINEがありますよね。
会話形式、短文でポンポンとテンポよく会話を進めていきますね。
あなたが今すぐ相談したいと思われたとき。

「社会保険労務士事務所スリーエスプラス 代表 大冨様 
お世話になっております。この度、…」

からメールを書き始めようと思いますか?

「ちょっと困ったことになりまして。時間があるときに電話もらえますか?」

こちらの方が、良くないですか?!
これができるのが、ビジネスチャットのメリット。
私も礼儀作法に則った文章を読み飛ばすよりも、内容のみ端的に書かれている方が読む時間が節約できます。
お互いの仕事の効率化に、地理も積もれば…で役立ちますよね!

ビジネスチャットが「security」を実現!

もう一つの特徴は、メールに比べてセキュリティ面で優れていることです。
メールには誤送信リスク、通信経路でのハッキングリスクがあります。また、メールは共有も簡単ですが、共有するメンバーはメールの送り手がコントロールできますよね。

ビジネスチャットなら、誤ってアップした情報は取消しが可能。
ハッキングリスクも、メールよりもかなり低いです。
また、チャットのプランにもよりますが、管理者に各種コントロール権限を与えることができるのも特徴。特定のメンバーのみの空間でやり取りができ、共有漏れもなくなります。
退職者等の退場もコントロール下にあるので、情報漏洩リスク対策もできますね。

対応可能なビジネスチャット

私どもで対応可能なビジネスチャットは、以下になります。

  • Google Chat
  • Chatwork
  • slack

できるだけ対応可能なチャットの種類を増やしたいと思うものの、チャットのデメリットの一つである「費用がかかる」「それぞれに互換性がない」問題があり、すべてのビジネスチャットサービスを網羅することができません…。
たくさんのチャットサービスをチェックしないといけないとなると、私どものポリシー「speed」が犠牲になりますしね。

ビジネスチャットで快適な労務相談を!

ビジネスチャットを使ったスピーディな対応は、多くのお客様から好評を頂いています。
かつては、ビジネスチャットを使ったコミュニケーションの便利さを高く評価頂き、もうこれ無しには戻れなくなった企業様も…。
ビジネスチャットで、相談したいことを気軽に聞けるサービスをあなたに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました